tomopp’s blog

ゲームソフトのレビューを見た感想をまとめています。

『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』 レビューを見た感想/ネタバレなし


すでにゲームをプレイした方のレビューを読んでまとめたので、このソフトに興味があるけど、買おうかどうか迷っているときの参考にしていただけたらと思います。


目次


ネタバレしているコメントや、あまりにもひどい表現は参考にしないようにしています。さまざまなサイトやブログのレビューを読んで抜粋してまとめましたが、高評価・低評価ともにあくまで個人の感想になります。参考程度でお願いします。



商品概要

https://store-jp.nintendo.com/dw/image/v2/BFGJ_PRD/on/demandware.static/-/Sites-all-master-catalog/ja_JP/dwb5171136/products/D70010000015949/screenShot/afd7c4f6d2f7a7296b93d2b679514bb825843c2b2e8f3932586633c977e29738.jpg?sw=1368&strip=false


  タイトル : 鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)
  ハード  : PS4Nintendo Switch/Steam
  プレイ数 : 1人
  メーカー : スクウェア・エニックス
  CERO : B(12才以上対象)
  発売日  : 2020年10月29日

輪廻転生によって命が繁栄した世界。

人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。

死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。

すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。

だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。

しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。

そうして生まれたひとつの役割――人は彼らを、逝ク人守リ(いくともり)と呼んだ。

彷徨える死者の魂「迷イ人(まよいと)」を救済する、いわば、生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。

逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。

これは、ひとりの逝ク人守リ、その命の物語――。


まずは評価の高いコメントからです。



高い評価のコメントまとめ(抜粋)

f:id:tomoppblog:20210505170848j:plain

f:id:tomoppblog:20210505155032j:plain
お話は暗めですが、素晴らしいゲームだと思います。刀やランスなどいろんな武器、スキルが使えます。強化していけばもっさり感がなくなります。スキルが割とすぐ増やせるので攻撃速度はカバーできます。個人的にもっと人気が出ていい作品だと思いますので、是非プレイしてみて頂ければと思います。

f:id:tomoppblog:20210505155032j:plain
結論から言うと非常に面白かった。戦闘自体はシームレス戦闘なため、ストレス皆無。難易度ノーマルでのプレイだと、それなりに育てれば雑魚戦は圧倒することが可能。一見使いにくいなーというキャラでも育てると驚きの戦い方を覚えたりして楽しめた。

f:id:tomoppblog:20210505155032j:plain
アクション系のRPGは敵を倒すためのコマンド入力が苦手でしたが、このゲームは操作が単調でしたので難易度をマニアックにしてもプレイできました。初心者には優しいと思います。キャラクターデザイン、イラストは綺麗です。映像もいいと思います。

f:id:tomoppblog:20210505155032j:plain
キャラの育成によりモッサリからスピーディーな戦闘に変わっていくので強くなった実感や手応えがあります。徐々に自分の思うままにキャラを動かしていけるようになるのは非常に達成感を感じます。

f:id:tomoppblog:20210505155032j:plain
ステージも多いし、ボスも強くてやりごたえあるし…とにかく面白いです。システムも結構丁寧な作り。体験版とは全く違います。


・・・といった内容です。

高評価には、「育成が面白い」「イラストが綺麗」との声が目立ちました。はじめは動きがもっさりしているけど、育成していくとスピーディーになるようです。ほかには、「ボスも強くて手ごたえがある」「後半から急速に面白くなる」との声もありました。

続いては低評価のコメントです。



低い評価のコメントまとめ(抜粋)

f:id:tomoppblog:20210505170911p:plain

f:id:tomoppblog:20210505155030j:plain
会話に入るちょっとしたボイスがいらないかなと思います。特に雄叫び系のはやめてほしいですね。

f:id:tomoppblog:20210505155030j:plain
フルボイスじゃない点や雑魚敵のバリエーションが少ない点、ロードが長い点など不満。

f:id:tomoppblog:20210505155030j:plain
生死をテーマにしているだけに雰囲気は暗くて重たい。明るい会話や要素がほとんど無い。人によって好みが分かれるでしょう。

f:id:tomoppblog:20210505155030j:plain
3Dモデルが微妙。イラストが待ち受けにしたくなる程綺麗なのにとても残念。


・・・といった内容です。

低評価には、「ロードが多くけっこう長い」という声が目立ちました。ほかには、「フルボイスではない」「ストーリーが重い」「グラフィックが粗い」「移動が遅い」との声もありました。



レビューを見た感想

f:id:tomoppblog:20210505170915j:plain

さまざまな声がありましたが、ロードが長いというのが気になりました。ストーリーは重いようですが人によっては面白いという声もあり、動きがもっさりしている点も育成によってかなり改善されるようです。ロードはSSDによって多少は改善されるようですが…。

体験版もあり、またソフトの価格も相当さがっているので、気になる人はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。


  memo    ・ 育成が好きな人におすすめ。
 ・ 重めのストーリーが平気な人にも。
 ・ ロードの長さは外付けSSD等で対応を。
 ・ まずは体験版をダウンロードが良いかも。


『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』 公式サイト
https://www.jp.square-enix.com/oninaki/